So-net無料ブログ作成
検索選択

NDフィルターできるかな? [コレクション]

後が先となってしまいましたが。
先日観測された金環日食の撮影に望み、以前より機材の準備を進めておりました。
今回はその紹介です。
nd1.JPG
ご存知のように、太陽を撮影するには減光しなければなりません。NDフィルターは絶対必要です、手持ちでは差込式の純正ND4しかありません、どれぐらい減光すればよいのか。
太陽撮影用としてND100000というフィルターがあるのですが、値段を調べると結構いい値段がします。
レンズはAF Reflex500mmF8でフィルター径はΦ82、径が大きくなれば価格も上昇します。
すぐに思い出したのがシートフィルターです。富士フイルム製NDフィルターND4.0 (10×10cm)
すぐに入手しました、完売の可能性もありましたから。
nd2.JPG
シートフィルターはホルダーにはさんで使用するのですが、今回は手持ちの機材を加工しました。
まず、レンズ装着のフィルター枠からフィルターガラスを取り外します。ディバイダでリングを回して分解します。
ついでにフィルターガラスは洗浄しておきました。
nd3.JPG
シートフィルターをフィルター枠に収めるため、円形にカットします。
フィルターガラスと同じ径にするため、現物からケガいて寸法取りをします。
ディバイダをケガキ針の替わりとしています。
nd4.JPG
ケガキに沿ってはさみで切り抜きます。最初ラウンドカッターを使用しようと思ったのですが、中心に針穴が開くので養生をするとシートフィルターに細かいキズが出来そうなのでこの方法としました。
フィルターを元どうりに組み立てます。レンズ側から枠・シートフィルター・フィルターガラスの順です。
このフィルターと差込式フィルターで露出倍数10000×4=40000となります、ND100000には足りませんね。
ssで何とかなるか、ssを稼げる銀塩α-9さまにご登場願おうか。現在の体調ではその気力もない。
結果、当日の天候に助けられ何とか撮影には支障がありませんでした。

さて、NDフィルターには数値(ND数字)が明記されていますが、これは光量を表していますが今回使用したNDフィルター
富士フイルム製NDフィルターND4.0
AF Reflex500mmF8純正差込式ND4
ですがND4.0=ND4ではないのです。
この数値は整数の場合と少数点がつく場合の2種類あります。このうち整数のものについては、光量(露出倍数)が1/数値になることを意味します。例えば ND4 と書かれていれば、光量が1/4になります。
少数がつく場合は、1/10の累乗を意味します。例えば ND4.0 は10の1/4.0乗(10^4)ですから、光量は1/10000になります。
よって上記フィルターの組み合わせによる露出倍数は10000×4=40000となる理由です。
蛇足ながら。








nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る